ちゃめしごと

***4わんコ+1にゃんコ+α の「茶飯事」***

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

プロフィール

Twitter

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

プチ月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

♪ちゃららぁ~~~・・・鼻からカメラ~ 

ちょうど1週間前の土曜日(5日)、ほっぺは鼻からカメラを入れた
なぜそんなことをしたかというと・・・

カメラ挿入カウントダウン:約1週間前
下腹部痛あり。鎮痛剤服用にてその痛さから逃れる。
翌日も朝から下腹部痛あり。せっせと鎮痛剤を飲む。
そのおかげで下腹部痛は治まる(*´ー`*)ホッ
、その頃からなんだか胃の辺りに違和感覚える。
のん気なほっぺは、何か悪いもの食べたかなぁ~と思い、安静に(だらだら)しながら様子を見る。

カメラ挿入カウントダウン:3日前
胃部不快感まだ消えず・・・特に食後、シクシク痛む&重い感じ&鈍痛な感じ。
置き薬の胃薬を飲んで、またまた安静に(だらだら)過ごす。

カメラ挿入カウントダウン:1日前
やっぱり鈍~~~く痛い(≧0≦)
「も、もしや、悪い病気だったらどうしよう・・・胃がん・・・もし癌だったら・・・まだそこそこ若いし進行早いよなぁ。もし死んだら、はなちゃんたちと会えなくなるじゃないかぁ~~。そ、それはイヤだ!!やっぱり検査してハッキリしなくっちゃ!!」

カメラ挿入カウントダウン:3時間前
話は少し変わるが、ほっぺの胃病歴は小学校高学年の頃にさかのぼる。
この頃のほっぺはなぜか神経性胃炎だった。そんなに何を悩んでいたのか???
で、その頃に初!!胃レントゲン撮影を経験したのだった。
それからも1~2年ほどは胃炎を繰り返し、レントゲンも2回ほど撮った。
がしかし、何を境にかは全く不明だが、いつの間にやら胃痛とは無縁のカラダが出来上がり、以来病院らしきところへはお邪魔していなかった。
なので今回とっても久々の胃痛で、いったいどこの病院へ行ったらよいのやら?と、あれこれ悩んで、結局ネット検索することにした。
で、今日行って検査は後日なんて手間のかかることはしたくない。
可能ならその日のうちに検査もできれば万々歳・・・と思い、朝食も抜いた。
しかし、便秘症のほっぺとしてはバリウム飲んで後々苦しくなる不安があることはしたくない。
そうなるとカメラをしてくれるところ・・・それも痛みへの対策を考えてるトコロがいいなぁ~などと勝手なことを考えながら検索していくと、家からそこそこ遠くないところにほっぺの条件とある程度合いそうな病院発見!!

カメラ挿入カウントダウン:1時間前
お嬢たちの朝のお勤めを終わらせ、やや緊張しながら出かけた。
15分ほど車を走らせ、病院到着。3年ほど前にできたクリニックで、とってもキレイ♪
行ったタイミングもよかったみたいで、あまり混雑していなかった(^_^)

カメラ挿入カウントダウン:30分前
診察室から名前を呼ばれ、いそいそと入っていく。
先生に経過説明し、診察。
Dr:「おそらく鎮痛剤による胃潰瘍だと思うよ。よくあるんだよね~。」
ほっぺ:「はぁ」
Dr:「お薬で治ると思うけど、それでも痛みが続くようならカメラした方がいいかな」
ほっぺ:「はぁ、今は朝ご飯も抜いてて空腹で痛みも少ないんですけど・・・」(間接的に今日カメラできるか聞いたつもり)
Dr:「朝ご飯とってないんなら今日検査できるけど、どうしますか?」
ほっぺ:( ̄▼ ̄)ニヤッ(よしッ、かかったな!!)「あ、では、やっぱり心配なので検査お願いしますぅ」
Dr:「うちは鼻からカメラ入れる検査だけど、緑内障とかないですか?」
ほっぺ:「はい」

カメラ挿入カウントダウン:15分前
検査室に通される。看護師さんに前処置を施され、しばらく待機。
ドキドキ ドキドキ・・・
待ち時間に待合室の壁に貼られてた鼻から内視鏡についての新聞記事を読んだ限りでは、「痛み軽減」と記されていた。
さらに検査室の壁にも内視鏡についての説明がイラストであり、それも痛みが少ない・・・と。
カメラのサイズは直径約5㎜強・・・うどんくらいの太さらしい。
そうは言われても、胃レントゲン経験はあるが口から胃カメラ経験は無い!!なので、口からの辛さが全く未知の世界であり、それよりも軽減と言われてもこれまた未知の世界なのである。
緊張はピークに達する。

カメラ挿入カウントダウン:7分前
Drがやってきて、
Dr:「では、まず鼻に麻酔しますね」と言いながら鼻の中にゼリー状のものをいれ、さらに綿棒でも麻酔薬をグリグリと・・・
そして、とどめの麻酔、鼻に麻酔付きの棒を突っ込まれた。そのまま5分固定。
い・・・痛いよぉ~~~
が、1分ほど経ったころからあまり違和感を感じなくなった。

カメラ挿入カウントダウン:5・4・3・2・1・0~~!!
20051112211654.png

終えて・・・







痛み・・・軽減されてるのぉ~~~?????結構苦しかったぞぉ~~~~!!!!!
ってのが、素直な感想でした。
これで軽減されてるっていうなら、口からカメラなんて・・・考えただけでも恐ろしい( ̄■ ̄i)

でもまぁ、軽度胃潰瘍ってことがわかって気分的には楽になったので、やってよかった・よかったってトコでしょうか。。。
貴重な経験でした。でも、もうあと10年はしたくありません・・・( ̄ー ̄)
10年くらい経てばまた医学も進歩してるだろう、とわけのわからない期待を胸に、ほっぺは今日も胃薬を飲むのであった。
がんばれ!!研究者。がんばれ!!Dr。がんばれ!!開発者。

by:ほっぺ
おほほ(* ̄0 ̄*)
お恥ずかしいのですが、Drから手土産(?)にいただきました今回の胃カメラ写真・・・見てやってくださいまし。
20051112212505.jpg

わかりにくいですが、若干糜爛らや炎症起こしております。

早く良くなりますように・・・(^ー^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://hanayuzuasahi.blog4.fc2.com/tb.php/52-523cd717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。